Welcome to

Flowers Do Hopes

知らなかった!ファッション時計の選び方とは?

  • Post By:
  • Date:

アクセサリーみたい!時計の使い方

ファッションの一部として、時計を使用している人は多いですよね。腕に時計が付いているだけで、アクセサリーのように使用する事ができる優れものです。しかし、選び方を間違えるとファッションの印象から浮いてしまったり、自分の肌の色とも合わなかったりして、時計の魅力がなくなってしまう場合があるのです。どのような点に気をつけて、時計を選べばよいのでしょうか。今回は、そのようなファッションに使う時計の選び方を、紹介していきたいと思います。

ファッションと時計の雰囲気を合わせよう!

まず、時計を印象づけているのはケースの色やフェイスの型や色、ベルトの素材や色なのです。例えば、時計のベルトの素材がレザーかメタルかによって大きく雰囲気が変わりますよね。この雰囲気がコーディネートと合っていないと、時計だけ変に目立ってしまうのです。どのような時に時計を身に付けたいか考えて、購入するようにしましょう。スーツのような格好には、高級そうな雰囲気を醸し出す時計を身に付け、アウトドアな服装には派手なデジタル時計がよく合います。

時計選びの鍵となる!パーソナルカラーって一体?

そして、次に大切なのがパーソナルカラーと合わせる事です。パーソナルカラーとは、個人個人に似合う色を顔や肌の色で診断するものです。具体的に見ていきましょう。まず、肌の色が黄色系で明るめの人は、キャメルやイエローゴールドなどの時計が合います。明るいけど青系の肌の人は、ブルーやシルバーが似合うのです。肌の色が暗くて黄色系の人はダークブラウンやブランズが、暗くて青系の人はブラックやプラチナがパーソナルカラーになります。この、パーソナルカラーに合った時計をすることで、コーディネートにもその人にも時計が自然と馴染むのです。

一生ものの時計として、タグ・ホイヤーを選びたい方も多いでしょう。そんな時には專門のジュエリーショップを利用してみると、お気に入りのタイプのものが素早く見つかるはずです。