Welcome to

Flowers Do Hopes

リュックは便利!?機能的にも成長期にも良いことが多い

  • Post By:
  • Date:

最近はリュックが目立つ

最近では通勤通学でもリュックをしている人が多くなっていますね。通勤者の場合には自転車運転の際にはリュックを背負った方が便利ですよね。そのために地下鉄の中でもリュックを持った人が目立つようになっています。学生たちもリュックをしている人が多いのですが、いろいろな色や、またポケットの数や大きさなどもさまざまで個性があるものが多いです。しかも大きなものが多く、結構地下鉄の中でもリュックは邪魔扱いにされることも多いですよね。

リュックを背負うときのマナー

リュックを背負って通勤通学する人も最低限のマナーは必要で、地下鉄等に乗車する際には、背負っているリュックを背中からおろし、手で持つ等といった配慮が必要です。そのようなマナーができてこそ、リュックが世間から認知されると思います。今はまだ邪魔者のレッテルが貼られていることが多いです。しかしリュック自体、また背負うことはメリットは非常に多いので、リュックが人気になって多くの人が背負ってくれることはいいことなのです。

リュックはメリットがいっぱい

リュックを背負っていると両手が空きます。そのため転んだ際には受け身ができて、体を痛める可能性が低くなります。また両手が空くので、雨の日に傘をさしたり、乗車券を購入したりする際も両手が空いているので早く行動ができます。またショルダーバックのように片方に重心がかかると、背中が曲がったり、特に成長期の子供たちには心配なことが多いです。それがリュックを背負うことで両方に均等に重心がかかるためにどちらかに背骨が曲がることも少ないです。

日本でリュックのブランドといえば、アウトドアが有名です、その他にもノースフェイス、グレゴリー、エムシーエム、ニクソン、ポーター等があります、海外では治安の意味で出来ませんが日本では背負う事が出来ます。